ホーム>漢方&ダイエットコラム>2016年1月

2016年1月

風邪には漢方薬それとも西洋薬(かぜ薬)?

こんにちは。
今夜から大寒波がやってきて、とても寒くなるようです。
風邪をひかないように気をつけてくださいね。

でももし、風邪をひいてしまったらどんな薬を飲むか…?今日はそんな話をしたいと思います。

薬局に行くと、パブロン、ルル、コンタック…など色々な総合感冒薬があり、最近は葛根湯などの漢方薬を置いているところも多くあります。具体的にどの風邪薬が良いのか?という疑問に対しては、個々の場合で色々選択が変わるので今回は触れません。その時々で相談してください。

ただ、西洋薬(いわゆる総合感冒薬など)か漢方薬かを選ぶ時に考えてほしいことはあります。
西洋薬と漢方薬では、考え方がまるで違います。

西洋薬:痛みや発熱に対して、その不快症状を取り除くことを目的としています。

漢方薬:風邪の諸症状に対して、漢方理論を用いて体がその諸症状を改善できるように手助けします。

お分りでしょうか?西洋薬は症状を取り除くことが目的で、風邪を治そうとはしていません。対して漢方薬は人の自然治癒力を手助けして風邪を治そうとしています。
ここまで聞くと、断然漢方薬を選んだほうがいいように聞こえますが、見落とさないでください。漢方薬は『漢方理論を用い』ているのです。つまり、漢方理論が間違っていれば手助けできません。
また、どちらを選ぶにせよ、基本的に風邪を治すのは薬ではありません。『治しているのは自分自身』であるということを知っていてください。つまり、無理をすればどちらの薬を選んだとしても、なかなか風邪は治りません。

では、風邪をひいたとき西洋薬・漢方薬どちらを選ぶのか?

第一の選択ポイント

無理をする必要があるのかどうか?です。
動物と違って、人はどうしても仕事をしなければいけなかったり、ゆっくりしたくてもできない時があります。そんな時は、とりあえず西洋薬で不快症状をとったほうが良いと思います。無理をする場合、漢方薬では難しいことが多いです。ただ、西洋薬は風邪を治すことはないので、できるだけ早く体を休めるようにしてください。
また、無理をする場合は風邪が長引くことも覚悟しておいた方が良いと思います。パッと治せば1~2日で治るものが、無理をしたため1~2週間ということも考えられますので、無理をするのは『それぐらいリスクを負ってでも』という時だけにしておきましょう。

第二の選択ポイント

専門家もしくは詳しい人がいるかどうか?です。
もし、ゆっくり寝て体を休めることができる状況ならば漢方薬をおすすめしたいのですが…漢方薬を選択する場合、『漢方理論』を知っているかどうかが重要になります。
薬の効能書きは概ね西洋医学に基づいており、漢方理論によるものではありません。ちょっとした症状の違いで、選ぶ漢方薬が180度変わることもあります。また、風邪の進み具合で選択が変わったりもします。正しい漢方薬と似たような方向性の漢方薬を選んだ場合、パッとしなくても快方に向かったりしますが、間違ったものを選ぶと、治るどころか風邪をこじらせてしまったりすることがあります。
そういった点から、しっかりと漢方理論に基づいて診られる人がいれば漢方薬をおすすめします。
漢方薬は効果が遅いイメージがありますが、本当にピッタリと合った漢方薬を服用し、しっかりとした養生をすれば、西洋薬よりも早く風邪は治ると思っています。(実際に私は、風邪の初期であれば1~2回の漢方薬服用でほとんど治っています)
もし詳しい人がいなければ、下手に漢方薬を選ぶよりは、西洋薬を選んだほうが楽になるのが早いかもしれません。

第三の選択ポイント

もし、自分には、これが絶対効く!というものがあるなら、それを服用するのも一つの選択かもしれません。
薬の有効性を実験するのにプラセボ実験というのがあります。プラセボとは偽薬の意味で、有効成分がなにも入っていないけど、見た目や味などがそっくりのものです。実験を受ける人は、○○の薬ということで服用しています。しかし、一部の人はこのプラセボを服用しています。本来何の効果もないはずのプラセボですが、なぜか症状が良くなったりする人がいます。このように、本来効果のないものでも、効くと思って服用すると症状を改善する効果が出てくることがあります。これがプラセボ効果といわれるものです。
ですから、これが絶対効くんだと信じて疑わない場合、すすめられた不本意な薬では治らず、信じている薬で治る場合があります。最終的に風邪を治すのは薬ではなく自分の体ですから、これで絶対治るという強い意志は最良の薬なのかもしれません。

以上、すごく大雑把に西洋薬・漢方薬の選択ポイントをお話しました。

最後に、風邪を治す一番のポイントは…適切な養生をして、ゆっくり体を休めるということです。
ホントはこれさえしっかりしておけば、薬がなくても風邪は治ります。
((^^)それを言っては元も子もありませんが…)
風邪をひいたら無理をせず、ゆっくり養生してくださいね。

ф(。。)俊