ホーム>漢方&ダイエットコラム>2016年4月

2016年4月

48回子育て茶話会

4月15日、第48回子育て茶話会を開催しました。

 

3組の親子、途中から1組加わって、計4組の親子さんにご参加頂きました。

今回初めてご参加のHさん、第1子ながら、母乳がきちんと出ているようでした。

お母さんも4ヶ月のU君も、とても良い笑顔で落ち着いていました。

 

初めての場合、とかく不安に陥りやすいのですが、なぜそんなにうまく母乳育児ができているのか聞いてみると、

幸いなことに、少し前にお姉さんが出産されていて、母乳で育てておられたので、

そのお姉さんに色々聞いておられたようです。

周りに、聴ける人がいることは、とても心強いと思いました。

(残念ながら、産院では詳しく教えてもらえなかったとか。)

201642403220.jpg

また、あれだけ母乳が出ないと悩んでおられたTさんも、今はすっかり落ち着いて、

1才になったK君も、目をきらきらさせて、皆の仲間入り!

今度は離乳食の心配が・・・・・・・・・・・・・・(詳細は後ほど)

 

 

 

今回クロレラ工業の本田さんが、おもしろい実験をして下さいました。

 

人工添加物の害はよく言われますが、

「ほんだし(市販のだしの素)を使えば、カップラーメンを食べているのと一緒ですよ。」

と、本田さん。

 

実際に添加物だけで、あの美味しいラーメンスープや、うどんだしができました。

201642403948.jpg

3種類の添加物  塩、アミノ酸等、タンパク加水分解物をとり続けていると

味覚音痴になるそうです。

 

添加物の害は、1種類だけでは副作用が無いと許可されているのですが、

それが何種類も使われている時の副作用は、残念ながらわかっていないのが現状です。

(おそらく調べようがないのです。)

 

 

だから、できるだけ自然のものを食べましょう、特に

塩、砂糖、油は精製していないものを。

そして、だしは、いりこ、昆布、鰹で、ということでした。

 

だしを替えるだけでも、発達障害、うつ病、糖尿病、冷え性、アトピー等

色々な病気が改善されていくようです。(「食べなきゃ、危険!」参照)

 

 

201642404113.jpg

お話を聞いた後は、皆でお食事タイム!

7分づきのお米のおにぎり、玄米パン、味噌漬けした野菜、だしを取った後の昆布の佃煮

皆で食べていると、1才になったK君、目をきらきらさせて、おにぎりに手を・・・・・・

 

もう食べても大丈夫よ、と皆の声に押されてK君のお母さん、恐る恐るおにぎりを上げたら、

まあ!美味しそうに食べるは食べるは、それはみごとでした!

隣のRちゃんがパンを食べると、それも欲しがって、パクパク!

201642404933.jpg

教科書通りに、まず1さじから、重湯から、とはじめていたTさん

今日来られた時、おかゆを食べてくれないんです、といわれていましたが、

何のことはない、もうシッカリご飯が食べたかったんですね。

となっとく。

 

『赤ちゃんのありのまま、そのままを受け取る、受け入れることが、母乳育児なんですよ』

と大分で母乳育児を実践されている熊谷先生の言葉を思い出しました。

 

伊丹さんがいつも言われるように、本より何より、その赤ちゃんをしっかり見てあげて

と言われるのが、今回もよ~くわかりました。

 

次回は、6月17日の第3金曜日です。