ホーム>漢方&ダイエットコラム>2016年7月

2016年7月

第49回子育て茶話会 開催しました。

6月17日(金) 10時から開催しました。

 

今回、TさんとTさんのお友達も加わって4組の親子さんが参加して下さいました。

男の子、女の子がそれぞれ2人ずつで、偶然にも同じ学年になるお子さん達でした。

 

最初は、皆おとなしくお母さんの膝に座っていましたが、

慣れてきたら、それぞれ床に座って遊び始めました。

20167181709.jpg

前回、離乳食で悩んでいたK君のお母さんTさんも

K君が、机の上の食パンをすぐ欲しがってパクパクする様子を見ながら動じる事なく

、すっかり慣れた様子で見守っておられたので、離乳食も何とかうまくいっているようでした(^ ^)

 

が、今回のTさんのお悩みは…

 

1才2ヶ月になって、動きが激しくなり、思うように家事ができない!

振り回されてしまうので困る~ということでした。

 

これは、最初のお子さんが男の子の場合、皆さんが経験される事のようです。

(女の子の場合は、動きが優しいのであまり困らないようですね)

 

 

伊丹さん曰く、

 

これはしょうがないね~

そもそも、男の脳と女の脳の違いもあるので、

お母さんの思うようにはならない、と思った方が良いよ。

男の子は、それだけ運動も激しいし、おとなしくしてる方が心配。

 

と言う事でした。

 

子育て、というのは自分の思い通りにはならない、と言う事を学ぶ場でもある、

という事をどこかで聞いた事があります。

 

まさしくそうなんでしょうね。

伊丹さんが、以前、母乳で育てる為には、赤ちゃんをしっかり見る事が大事で

いろんな事を赤ちゃんから教わったのよと言われていました。

 

Tさんも、伊丹さんの話を聞いて、半分納得・・・かな?(^ ^;)

 

 

 

我が子育て時代は、親と同居。

長男が1才の頃は、勤めにも出ていましたし、義妹が中3でもあったので、よく遊んでもらっていました。

今は核家族がほとんどで、昼間子どもと2人だけの場合が多いので、よけい大変なんでしょうか。

 

 

 

今回の、クロレラ工業の本田さんの話は

葉酸について、でした。

20167181773.jpg

葉酸は、不足すると悪性貧血の原因となりますが、

お腹の中の赤ちゃんにとっても、重要な栄養素です。

お医者さんでも妊娠する前から葉酸を取りましょうと盛んに言われます。

 

妊娠する可能性のある女性は特に、

日頃から葉酸の多い緑黄色野菜をしっかり取りましょう!

又バイオリンクにも、しっかり葉酸が入っていますよ。

 

~補足~

葉酸は正常な赤血球を作るのに欠かせない栄養素です。
しかし、そればかりではなく、細胞が正常に増殖するためにも欠かせない栄養素でもあります。
特に細胞分裂が盛んな場所では必要とされています。

妊娠では、たった一つの受精卵が、すごい勢いで細胞分裂して色々な臓器・器官を作り、
新たな生命を形作っていきます。
この細胞分裂が盛んな時期に葉酸が欠乏してしまうと、正常な細胞・器官が作れず、
先天性の異常を起こす可能性が高くなってしまいます。

その予防のために、妊婦は葉酸の1日必要量が通常の女性よりも高く設定されています。

また、脳や脊髄・神経系などは、妊娠の超初期から作られていますが、通常この時期には
妊娠に気づいていません。
そのため、葉酸の摂取は妊娠してからではなく、妊娠する前からの摂取をすすめられています。

ちなみに、バイオリンク30粒には、葉酸が60~180μg入っています。
メモメモ...ф(。。)俊

 

次回は8月19日の第3金曜日です。