ホーム>漢方&ダイエットコラム>その他

その他

牡丹が咲きました。

店の裏の牡丹が咲きました。一昨年ぐらいに薬用の牡丹を手に入れる機会がありまして、店の裏で3鉢に植えて育てていました。

昨年は花をつけませんでしたが、今年1鉢だけ、3つ花芽を付けていました。1つは早々に虫に美味しく食べられてしまいましたが、残りの2つは無事に花を咲かせました。薬用の牡丹は観賞用のような八重咲ではなく、豪華さには欠けます。また、色も赤か白です。

2018413112648.jpg

今年咲いた鉢は白い花でした。他の2鉢は、今年もまだ咲きそうにありません。来年は花がつくのではないかと思います。予想では残りの2鉢は赤い花ではないかと思っています。来年は紅白で咲くといいなと思っています。

観賞用に売られている牡丹は、芍薬の根に接ぎ木をして売られているものがほとんどです。芍薬と牡丹はとてもよく似ています。ですが、芍薬は草で、牡丹は木です。

なぜ牡丹を芍薬の根に接ぎ木をするかというと、牡丹より芍薬のほうが強いからです。店の裏の畑には芍薬が植えられていますが(毎年花をつけています。芍薬は赤花と白花の2種類を植えています。どちらも薬用に使うものです。)、以前はそこに薬用の牡丹も植えていました。牡丹は1度花をつけたかどうかです。その後は年々小さくなっていき、いつの間にかなくなってしまいました。

芍薬と牡丹は一緒に植えてはいけません。売られている牡丹も下手をすると、上部の牡丹が枯れて台の芍薬が芽を出し、牡丹を育てているつもりがいつの間にか芍薬に変わっているということがあるかもしれませんよ。

さて、薬用に使われる牡丹ですが、使われる部分は根っこです。薬草としての名前は牡丹皮(ボタンピ)といいます。皮と名前についているように、根っこの皮の部分を使います。婦人科系の漢方薬によく配合されています。薬草の作用としては、古血を除去する(血液の流れをよくする)、血の熱をとる(炎症を抑える)といった作用があります。

牡丹皮は妊婦さんが服用するときは注意が必要です。牡丹皮は血を動かす性格の薬草なので、不安定な時期に必要以上の量を摂取すると流産の恐れもあります。ただ、しっかりとした診断のもとに使用されることはなくはありません。この場合、使用する薬方、生薬の加減、など微妙な判断になるので、服用量や服用時の注意(飲み忘れた時にどうするかなど)等はしっかり守りましょう。

漢方薬は副作用がないとか自然のものなので安心とかいうイメージがあったりしますが、使い方によっては危ないこともありますので、もし、自分の判断で服用している漢方薬があった場合、妊娠が分かった時には、産婦人科のドクターや購入されたところで服用を続けてよいか確認してください。便秘で使う薬(漢方と書いていなくても薬草成分が入っているものも多くありますので注意が必要です)の中には、妊婦さんが避ける必要があるものが多いので特に注意が必要です。

ф(。。)俊

中秋の名月

今夜は中秋の名月・十五夜です。天気もよさそうなので、きれいなお月さまが見られるといいですね。

中秋の名月は旧暦の8月15日なので、現在のカレンダーではその年によって日付が異なります。特に今年は旧暦に閏(うるう)月がありましたので、少し遅めの印象です。
新暦では閏日で4年に1回2月が1日多くなりますが、旧暦では2~3年に1度、閏月といって同じ月が繰り返される時があります。閏月は季節と暦の調整のために設けられ、いつの月が閏月になるかは二十四節気が関係しており、月が定まってはいません。ちなみに今年は皐月(五月)が2回、2014年は長月(九月)が2回ありました。

また、十五夜は必ずしも満月とは限りません。(ちなみに、満月は6日です)旧暦は月の満ち欠けで月の日数が決まりますが、前後2日ぐらいの幅でズレが生じます。

お月見は収穫に感謝するお祭りの意味合いもあるので、お団子を何個供えるとか、ススキや秋の七草を飾るとかきちんとした形あります。できれば、伝統を残す意味でそういったお月見をしたいものです。
・・・が、色々と敷居が高くなってしまいますので、そんなことはあまり気にしないで、一年で一番美しいとされる十五夜を、心を穏やかにただただ眺めるという静かな時間を作ってみてはどうでしょうか?

ф(。。)俊

七草粥

少し日は経ちましたが…あけましておめでとうございます。

今年初めての更新は五節句の最初、人日です。

節句はもともと中国から入ってきた考え方でしたが、日本の風土や農耕の習慣などとあわさり、季節行事として現代に伝わっています。
『節句』は本来『節供』と言い、季節の節目に神様にお供えをして邪気を払い、無病息災・豊作・子孫繁栄を祈る行事でした。
そして節句は奇数月の月と日が重なる日(1月1日だけは別格で、1月は7日が節句になります)に、その時期の草や花を使って彩られるのが特徴です。
ちなみに、

五節句

1月7日:人日(じんじつ)の節句・・・七草
3月3日:上巳(じょうし)の節句・・・桃
5月5日:端午(たんご)の節句・・・菖蒲
7月7日:七夕(しちせき)の節句・・・竹
9月9日:重陽(ちょうよう)の節句・・・菊

となります。

新暦ですと少し植物と季節に開きがあるように感じますが、もともと節供は旧暦で行われたものですので、旧暦で見ると季節と植物が大体一致します。

さて、今日は七草の節句ですから七草粥を食べて一年の無病息災を祈りますが、みなさん七草は知ってますか?

せり
なずな
ごぎょう
はこべら
ほとけのざ
すずな
すずしろ

の7つです。姿かたちまで分かる人は何人くらいいるでしょうか?
七草がどんなものかわからなくても、今はスーパーへ行くと七草粥セットで置いてありますので、便利な世の中になったものです。
ですが、「これがはこべらだよ」とか教えてもらいながら野の草を摘むということもなく、風情が失われているように思えてなりません。せめて今日は、今の自分があることを神様に感謝し、今年一年の無病息災を祈りながら七草粥をいただきましょう。

ф(。。)俊

スーパームーン

こんにちは。

今夜の満月は『スーパームーン』らしいですよ。
なんでも満月の日に月がこんなに地球に大接近するのは68年ぶりなんだとか。

日頃の忙しさなどで視野が狭くなり、下を向きがちだな~と思ったら、私はよく空を見上げます。
特に天気がいい日ならば青空・星空が見え、自分の周りだけの小さな世界で息苦しかったのが、
世界はこんなにおっきいんだとしみじみと感じられ、気分がスッキリしてきます。

で…今日が晴れていればいいんですが、あいにくの天気。
今日の月の出が広島は17時ごろなので、それ以降、気がついたら空を見上げてみてください。
運が良ければでっかいお月さまと出会えるかもしれません。

 

おまけ
満月の日はダイエットを始めるのにいい日なそうですよ。
コラム:ダイエットを始める最適な日は満月の日!

ф(。。)俊

カボチャの重さ当てクイズ終了~

こんにちは。

先月中旬にジャック・オ・ランタンを作れば…と買ってきたカボチャですが、くりぬいてしまうと腐るのが早くなるとのことで、ハロウィン前まで放置しておく予定でした。ところが、店内に放置されているカボチャを見たお客さんの、「重さ当てクイズしたら?」の一言からカボチャの重さ当てクイズをすることになりました。

といった、いきさつで始まったカボチャの重さ当てクイズでしたが、10月10日緊急事態が発生しました。
何気なくカボチャに触ってみると…んっ? 柔らかい?
持ちあげてみると、机の上は何か液体が…

カボチャの底を見ると・・・くっ腐ってる!!shock

なんと、ハロウィンを迎える前に腐り始めていました。

重さを量ってみると、始めた時より軽くなってる…sad
いつから変化が起こったのかわからず、答えが日々変動していた可能性があります。これではクイズになりませんし、継続も不可能です。
で、10月10日、変化に気付いたその時をもってカボチャの重さ当てクイズは終了となりました。

終了時点で32名の方がクイズにご参加くださっていました。
ご参加くださった皆様、大変ありがとうございました。

そして、正解ですが、最初の時点では4.4kgでした。終了時は4.1kgとだいぶ軽くなっています。
そこで、今回は4.0kg~4.5kgまでを正解とすることにいたしました。
該当者は6名でした。パチパチ

該当者の方にはお知らせのハガキを出しましたので、しばしお待ちください。ささやかなプレゼントをご用意しております。
そして、惜しくも正解とならなかった方ですが、こちらは特にお知らせはいきません。・・・が、ハロウィンまでにご来店された方には残念なお知らせとともに、参加賞をご用意しております。

さて、今日はどうせこのまま腐っていくならと、カボチャをくりぬいてジャック・オ・ランタン作ってみました。

ジャック・オ・ランタン 2、3日は天日干ししないといけないと思いますので、しばらくの間、日中は裏で干されていますが、日が沈んでからは店内にいます。
そして、カボチャの中をくりぬいたときに種がいっぱい取れましたので、来年は自家製のカボチャでも…と、少し思っております(思うだけの可能性が高いけど…)。

種はいっぱいありますので、店内に置いています。欲しい方は一声かけてください。
でっかいカボチャを育てましょう。
(世界一のカボチャは約1.2トンだそうですよ)

ф(。。)俊

風邪には漢方薬それとも西洋薬(かぜ薬)?

こんにちは。
今夜から大寒波がやってきて、とても寒くなるようです。
風邪をひかないように気をつけてくださいね。

でももし、風邪をひいてしまったらどんな薬を飲むか…?今日はそんな話をしたいと思います。

薬局に行くと、パブロン、ルル、コンタック…など色々な総合感冒薬があり、最近は葛根湯などの漢方薬を置いているところも多くあります。具体的にどの風邪薬が良いのか?という疑問に対しては、個々の場合で色々選択が変わるので今回は触れません。その時々で相談してください。

ただ、西洋薬(いわゆる総合感冒薬など)か漢方薬かを選ぶ時に考えてほしいことはあります。
西洋薬と漢方薬では、考え方がまるで違います。

西洋薬:痛みや発熱に対して、その不快症状を取り除くことを目的としています。

漢方薬:風邪の諸症状に対して、漢方理論を用いて体がその諸症状を改善できるように手助けします。

お分りでしょうか?西洋薬は症状を取り除くことが目的で、風邪を治そうとはしていません。対して漢方薬は人の自然治癒力を手助けして風邪を治そうとしています。
ここまで聞くと、断然漢方薬を選んだほうがいいように聞こえますが、見落とさないでください。漢方薬は『漢方理論を用い』ているのです。つまり、漢方理論が間違っていれば手助けできません。
また、どちらを選ぶにせよ、基本的に風邪を治すのは薬ではありません。『治しているのは自分自身』であるということを知っていてください。つまり、無理をすればどちらの薬を選んだとしても、なかなか風邪は治りません。

では、風邪をひいたとき西洋薬・漢方薬どちらを選ぶのか?

第一の選択ポイント

無理をする必要があるのかどうか?です。
動物と違って、人はどうしても仕事をしなければいけなかったり、ゆっくりしたくてもできない時があります。そんな時は、とりあえず西洋薬で不快症状をとったほうが良いと思います。無理をする場合、漢方薬では難しいことが多いです。ただ、西洋薬は風邪を治すことはないので、できるだけ早く体を休めるようにしてください。
また、無理をする場合は風邪が長引くことも覚悟しておいた方が良いと思います。パッと治せば1~2日で治るものが、無理をしたため1~2週間ということも考えられますので、無理をするのは『それぐらいリスクを負ってでも』という時だけにしておきましょう。

第二の選択ポイント

専門家もしくは詳しい人がいるかどうか?です。
もし、ゆっくり寝て体を休めることができる状況ならば漢方薬をおすすめしたいのですが…漢方薬を選択する場合、『漢方理論』を知っているかどうかが重要になります。
薬の効能書きは概ね西洋医学に基づいており、漢方理論によるものではありません。ちょっとした症状の違いで、選ぶ漢方薬が180度変わることもあります。また、風邪の進み具合で選択が変わったりもします。正しい漢方薬と似たような方向性の漢方薬を選んだ場合、パッとしなくても快方に向かったりしますが、間違ったものを選ぶと、治るどころか風邪をこじらせてしまったりすることがあります。
そういった点から、しっかりと漢方理論に基づいて診られる人がいれば漢方薬をおすすめします。
漢方薬は効果が遅いイメージがありますが、本当にピッタリと合った漢方薬を服用し、しっかりとした養生をすれば、西洋薬よりも早く風邪は治ると思っています。(実際に私は、風邪の初期であれば1~2回の漢方薬服用でほとんど治っています)
もし詳しい人がいなければ、下手に漢方薬を選ぶよりは、西洋薬を選んだほうが楽になるのが早いかもしれません。

第三の選択ポイント

もし、自分には、これが絶対効く!というものがあるなら、それを服用するのも一つの選択かもしれません。
薬の有効性を実験するのにプラセボ実験というのがあります。プラセボとは偽薬の意味で、有効成分がなにも入っていないけど、見た目や味などがそっくりのものです。実験を受ける人は、○○の薬ということで服用しています。しかし、一部の人はこのプラセボを服用しています。本来何の効果もないはずのプラセボですが、なぜか症状が良くなったりする人がいます。このように、本来効果のないものでも、効くと思って服用すると症状を改善する効果が出てくることがあります。これがプラセボ効果といわれるものです。
ですから、これが絶対効くんだと信じて疑わない場合、すすめられた不本意な薬では治らず、信じている薬で治る場合があります。最終的に風邪を治すのは薬ではなく自分の体ですから、これで絶対治るという強い意志は最良の薬なのかもしれません。

以上、すごく大雑把に西洋薬・漢方薬の選択ポイントをお話しました。

最後に、風邪を治す一番のポイントは…適切な養生をして、ゆっくり体を休めるということです。
ホントはこれさえしっかりしておけば、薬がなくても風邪は治ります。
((^^)それを言っては元も子もありませんが…)
風邪をひいたら無理をせず、ゆっくり養生してくださいね。

ф(。。)俊

ネオニコチノイド系農薬の規制緩和

こんにちは。

みなさんに考えてほしいことがあります。

5月19日に厚生労働省がネオニコチノイド系農薬の食品残留基準の規制緩和をしました。

 

ネオニコチノイド系農薬というのは、植物に深く浸透し、残留性が高い強い神経毒です。

残留性が高いため長期間効果があるので、農薬をまく回数が減るため減農薬になるとのことです。

 

ここで、よく考えてほしいのです。回数が減るから減農薬…。

確かに回数は減ります。

ですが、私たちが減農薬に求めているものは何でしょうか?

 

農薬のリスクを減らしたいために、減農薬や無農薬を求めているのではないでしょうか。

回数が減っても、より強い・残留性の高い農薬を使うことは私たちの求めている減農薬でしょうか?

土壌への残留性も高いために、低濃度でも続けていれば徐々に蓄積していく恐れがあります。

また、ネオニコチノイド系農薬は植物に深く浸透しているために、食べる前に洗ったくらいでは全く減らすことができません。熱にも強く、加熱しても排除できません。

 

ネオニコチノイドは胎盤も通過しますので、妊婦さんが摂取すると赤ちゃんにも影響があります。

神経毒なので、赤ちゃんの脳の発達に影響が出ると思われます。

生まれてからも、乳幼児期の脳が発達するべき時期に摂取されると、発達障害などの影響が懸念されます。

 

このようなものに『減農薬』などという言葉を使ってほしくないと思います。

本当に農薬を減らして頑張っている農家さんもいると思いますが、それとこれが同じ言葉で表現されて良いわけがありません。

 

ネオニコチノイド系農薬については、生態系に悪影響を及ぼすと結論する論文が数多くあり、世界的には規制が進み、禁止する国も増えています。

また、厚生労働省は国民の意見を聞くためにパブリックコメントを実施しており、その結果はほとんどが規制の緩和に反対であるという内容でした。

(1657件の意見が出されたパブリックコメントでは反対1656件、賛成1件だった:2014.03.07 グリーンピースジャパン プレリリースより(http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/press/2014/pr20140307/))

しかし、日本は今回の規制緩和を行っています。

 

このような状態の中、なぜ規制は緩和されたのか?

ネットではほうれん草の基準がクロチアニジンで約13倍に引き上げられたといわれていますが、ひどいものでは1000倍(みつば)に引き上げられたものもあります。食べる量が少なければ1000倍くらい入っても大丈夫ということでしょうか?
みつばが好きで、大量に食べる人がいたとしたら、その人はどうなるのでしょうか?

国民の利益ではなく、農薬メーカーの利益のために緩和したと思ってしまいます。

 

私たちの健康を考える中で、国への不信感は募るばかりです。

 

食品添加物、農薬、化学物質…私たちが口にするものに、本来入ってほしくないものがどんどん入れられていくような気がします。

あなたは、体に影響がない量だからといわれて、毎日の食事に毒が混ぜられていても平気ですか?

 

今回の規制緩和に対して、私が一人で何を言ってもやめさせることはできないでしょう。

ですが、みなさんによく考えてほしいのです。

 

いくら規制が緩和されようと、食品・食材を消費する私たちがNOを突きつければ、排除するこはできると思います。

食品添加物や農薬がどんどん使われている背景には、私たちがそれを使ったものを欲しているという事実があるからです。

虫がちょっとついてたらイヤ、形が悪いとイヤ、色が悪いとイヤ、長持ちしないとイヤ、安くないとイヤ…

私たちが求めるものを作るために、生産者は薬物を使っているのです。
(それ以外にも生産性や利便性の向上、コスト削減、高齢化による労働力の不足など他にも多くの面があると思いますが)

 

もし、そのような薬物を使ったものを消費者である私たちがみんな『イヤ』と拒否したらどうなるでしょうか?

当然、薬物を使ったものは売れなくなり、それらを作っている生産者は薬物を使わなくなると思います。

 

私たちが一人で何かを変えようとしても、できることはほとんどありません。

しかし、一人一人が真剣に考え行動すれば、大きなものでも動かす・変化させることができると思います。

 

世の中の動きに流されて生きるのではなく、色々と考えてみましょう。

そして、小さな一歩かもしれませんが、少し行動してみましょう。

小さな一歩から、自分が、日本が、世界が変わるかもしれません。

ф(。。)俊

俊博農園再び!!

昨年はお便りでお伝えしましたが、私の300円農園で結構収穫があり、ウハウハでした。
昨年で味を占めてしまいましたので、今年は1000円農園ぐらいにランクアップです。

今回は処分品ではなく、全部普通に買いました。
しかも、今年は少し開墾して農地拡大もしています。

畑1

昨年より左側の畝が1つ増えています。
全部で4つの畝には、キュウリ・トマト・トウモロコシ・枝豆・オクラを植えました。
オクラは去年ダメになってしまったので、リベンジです。

苗は4月の終わりごろに買って、ゴールデンウィークの初めには植えようと思っていました。
ですが…ちょっとゴタゴタがあり、植えるのがゴールデンウィーク明けになってしまいました。
で、植えようと思ったら枝豆とオクラの葉がありません。
どうした?と思ってよく見ると…ナメクジです。私より先に美味しくいただいていました。

枝豆はまだ葉が少し残っているので何とかなりそうですが、オクラはほとんど葉が残っていません。
リベンジのはずのオクラが…返り討ちに会いそうです。coldsweats01

そして今回の目玉。スイカ用の畝です。
ここが新しく開墾した場所です。

畑2

今回は前回と違い、色々と欲が出てます。スイカはできれば大玉サイズがいいな~
と思い、べっこに場所を作りました。しかも、日当たり抜群のところに。
また、前回は腐葉土を少し混ぜ込んだだけですが、今回は牛糞を畝の下に仕込んでます。
腐葉土も少し多めに混ぜ込んでます。
そして、写真を見てもらうと分かると思いますが、畝の上が少し白くなっているのが分かるでしょうか。
これは、酸性度を抑えるために放置していた牡蠣の殻を焼いて砕いて撒いています。
しかも、砕くときにバイオリンクの粒を一緒に砕いて混ぜています。
今年は大玉期待してますよ~!

 

食べ物は体を作る基本です。できるだけ自然に任せて、農薬や化学肥料を使わないものを食べたいですね。
また、自分の住んでいるところで旬のものをとって食べる。
昔なら当たり前のことですが、今は少しぜいたくな気もします。
家庭菜園。今ならまだ間に合いますよ。あなたも少しぜいたくしてみませんか?

ф(。。)俊

BLOG 始めました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログもスタートいたします。

漢方&ダイエットブログというタイトルですが、内容はそれに限ったことにはならないと思います。

お店で行っているイベントや他愛のないつぶやきなども入ると思います。

ためになる内容ばかりではないと思いますが、ちょっとずつでも更新できたらと思っております。

できるだけ楽しい内容にしたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。