ホーム>漢方&ダイエットコラム>イベント

イベント

60回目、10周年記念の子育て茶話会開催しました。

201862215836.jpg

4月22日の日曜日、10周年記念、という事で、

「いただきます~みそをつくるこどもたち~」という映画を上映しました。

この映画は、福岡にある高取保育園の子供たちを撮った映画です。

この保育園は、「はなちゃんの味噌汁」という本、映画で有名になった

はなちゃんが通っていた保育園でもあります。

40年も前から、日本古来からの和食に基づいた給食を実践されている保育園で、

「食は命なり」という意識は、我々バイオリンク仲間や、クロレラ工業とも

共通していて、平成24年には、この高取保育園に見学にも行っていました。

そんなご縁から、今回この映画を上映することになりました。

当日は、いつもの茶話会メンバーに加え、他の会員さんやそのお友達も含め17名の大人と、

6名の子供さんにご参加いただきました。

2018622161444.jpg

最初に松井千恵子からこの会を開催するきっかけをお話しし、

クロレラ工業の本田さんから、血が乳になる、お母さんの血が胎盤を通して

胎児に届けられる映像を見せてもらい、さっそく75分間の映画を上映しました。

2018622152624.jpg

2018622152711.jpg

保育園の子供達のきらきらした瞳や、給食を食べている時の何とも言えない嬉しそうな笑顔に

ついつい見とれてしまいました。

ここの給食は、無添加の調味料、無農薬、低農薬の野菜で旬のものはもちろんのこと、

肉や牛乳は、まったくと言っていいほど出ません。

玄米ご飯に納豆、みそ汁、あえ物、煮物、そんな和食なのに、

子供たちの食べっぷりと言ったら・・・・・

ご飯一粒も残さず、皿を舐めまわすようにして完食する姿は、

ただただ感心するばかりでした。

子供たちが、煮物が嫌い、みそ汁は飲まないんです、と言われるお母さんがいますが、

決して子供のせいではなく、周りの大人がそうさせてしまっているのでは,と

ここの園児たちの姿を見ているとそう思わずにはいられませんでした。

 

入園する前は、アトピーだったり、病院通いばかりしていた子も

半年くらい通ううちに、すっかり体調がよくなっていくそうです。

 

「知育、体育、徳育のすべての基本は食育にある」という理念のもとに、

この和食の給食に踏み切った西福江前園長先生

食事は身体づくりの基盤であり、味覚形成や人格形成にまでえいきょうをあたえる。

すなわち、小さい時からの毎日の食生活の積み重ねでつくられていく、と言われていました。

 

 

バイオリンクを扱っている仲間と始めた母乳育児の勉強会

身体をつくる食事の大切さを考えるうちに、和食のすばらしさに気づき

まずは、一番最初の食事=母乳を飲ますお母さんに伝えよう、

色々な情報に惑わされ、孤立しているお母さんの悩みを聞く場を作ろう

という思いから始めた子育て茶話会でした。

2018622152759.jpg

未来を担う子供たち、その子育てに悩んでいるお母さん、迷っているお母さんの

心が少しでも楽になり、楽しく子育てできるように、小さい活動ながら、

これからも、偶数月の第3金曜日10時から、当店で続けていきたいと思います。

子育て中のお母さんはもちろんのこと、おじいちゃん、おばあちゃんもぜひどうぞ!

 

 

6回目の味噌作り

2月28日今年も味噌作りをしました。

 

福山の麹屋さんが、もう作られないという事で、

今年はもうできないかな?と思っていましたが、

何とか見つけた世羅の麹屋さんから、麹を買うことが出来ました。

 

2月28日は、暖かな天気のいい日となりました。

お昼1時から開始。

 

新しい人も加わって、合計9組の味噌作りとなりました。

毎年参加のMさんちのHちゃん、昨日インフルエンザにかかり、

残念ながら、今年はお母さんとおばあちゃんだけとなりました。

201832319238.jpg

大豆の種類、炊き方も各自それぞれ、

どんな味噌になるやら。

2018323192444.jpg2018323192523.jpg
2018323192553.jpg2018323192622.jpg

1組30分で順番に作り終え、16時にはすべて終了しました。

 

麹が全く新しくなり、さあ、どんな味噌に仕上がるやら・・・・・

2018323194027.jpg2018323194055.jpg2018323194117.jpg2018323194137.jpg
201832319420.jpg2018323194218.jpg2018323194235.jpg

10月、ふたを開けるのが楽しみです!

 

 

 

ハロウィン

こんにちは。
先週月曜日はハロウィンでした。
今年は飾りもだいぶ多くなって、店内がにぎやかな感じになっていました。

また、今年やったカボチャの重さ当てクイズは、途中で終わってしまうという結果になってしまいました。
カビ取りついでにジャック・オ・ランタンを彫ってみましたが、数日でダメになるという…。
その時取れた種がいっぱいありますので、よろしかったら持って帰って
来年植えてでっかいカボチャを育ててみては?

ハロウィン当日はお子様用の衣装も用意してお待ちしておりました。
密かな楽しみでやってて特に告知もしていませんから、たまたま来店した人だけと楽しんでいます。

201611719533.jpg

とはいえ、今年はあまりお子さんが来られず、少しさみしかったな~。

ф(。。)俊

「現代の食事はミネラル不足」開局40周年記念特別講演

9月25日(日)13時から当店の開局40周年記念講演会を

18名(+お子様3名)のお客様にご参加いただき、開催しました。

講師にお招きしたのは、NPO法人「食品と暮らしの安全基金」で

食品の成分分析を担当された中戸川 貢 先生です。

20169115552.jpg

(今年4月にお話を聴いて、とても心動かされた先生です)

10年前までは『食べるな、危険!』といって、食品添加物や放射能汚染、農薬の害などで騒がれていましたが、

今はそれよりも、『食べなきゃ、危険!』といわなければならないほどに「ミネラル不足」になっているそうです!!!

 

ミネラル不足になる3大原因としては…

1.水煮食品の増加

スーパーで売られているカット野菜や冷凍野菜等は水煮されて、

水溶性ミネラルが完全に溶けだしています。

またレトルト食品や外食産業にも大いに使われています。

2.精製食品の増加

米、砂糖、塩だけでなく、油も不純物を除くという名目のもと、

脂溶性のミネラルが捨てられています。

そんな油を使うと、材料の中にある脂溶性のミネラルがその油の中に溶けだしてしまうそうです。

3.リン酸塩使用の増加

色々なリン酸塩が添加物として使われていますが、それ自体は毒性はないものの、

リン酸塩が体に入ると、せっかく摂ったミネラルと結合して体の外へ排出してしまうそうです。

中戸川先生は、コンビニやスーパーで売られている弁当や、会社・大学の食堂のランチ等も分析されていますが、

ほとんどの食事がミネラル不足だったとか!

全て満たされていたのは、国立スポーツ科学センターの栄養指導食堂のオリンピック選手の食事と、

NHKでも取り上げられ全国的にも有名になった、北海道 置戸町の手作りの学校給食だけだったそうです!

 

2016107191810.jpg

スーパーで売られているよく見る食品に、リン酸塩がどんなに使われているか…

次々とスクリーンに映し出されるおなじみの食品の数々…。

「あ~。もう食べられない。」「食べるものがないわぁ~」と皆さんからタメ息が…。

そこで少しでもミネラル不足を解消する手立てとしては、

できるだけ「手作りの和食!」を作ること。

その材料は野菜をそのまま買ってきて、自分で切って料理をすること(我々の世代では当たり前でしたが…)。

また、ミネラルを手軽に補える食品、ゴマ、海苔、ナッツ類などを上手に利用すること(バイオリンク粒もです!!!)。

そして、だしは天然だし(いりこ・昆布・あご)を使うこと。と、中戸川先生は言われていました。

 

アスペルガー症候群と診断された小学生が、天然だしを使い始めて1週間で専門家が認めるほど落ち着きを取り戻し、

3週間目には手先を動かす動作が苦手という症状のために行っていた作業療法も必要なくなり、

5カ月も経つ頃には心理療法も必要がなくなり、処方される精神安定剤もほとんど服用する必要がなくなっていました。

そして1年も経つと、お母さんがこれといって困ったことは起きていないというほどになりました。

天然だしを毎日使うこと以外に特別なことはしていないのに、

ここまで変化があったことにお母さんも驚いているそうです。

 

 

ミネラル不足で今、大変なことになっているようです!!

講演2時間分のお話はなかなか書ききれません。詳しくお知りになりたい方はお店で。

 

~一口メモ~

アスペルガー症候群は自閉症の一つのタイプです。社会性・コミュニケーション能力・想像力に障害を持ちますが、知的発達や言葉の発達は問題がないという特徴があります。
知的発達や言葉の発達に問題がないため、一見して障害がないようにも見られますが、場の空気が読めない・相手を気遣うことができない・話が分かりづらい・相手の話の意味をくみ取ることができない・会話のキャッチボールがうまくできない・異常なこだわりがあるなどの特徴があります。また、不器用さや感覚過敏などの症状がみられることもあります。

親子で漢方びっくり教室

7月30日に「親子で漢方びっくり教室」を開催しました。

毎年夏休みの時期に親子を対象(お子さんは一応小学生ぐらいを対象としています)に、
身近な薬草や、これがお薬なの?といったもののお話をしたり、実際にそれらを
見て、触って、味わってもらうイベントを行いました。

今年は8人のお友達が参加してくれました。
半数が小学生未満だったので、どうなることかと思いましたが、漢方のお勉強をしたり、
出てくる生薬(漢方で使う薬草などの総称)が何か当てたりと、楽しんでもらえたようです。

201681912368.jpg

お勉強の部分では、漢方の考え方や普段の食事の大切さ、難しくいうと『薬食同源』についてお話しました。
少しでも毎日の食事の大切さに気付き、好き嫌いなく食べてもらえたらうれしいですね。
ちなみに・・・こちらはお母さん方のほうが興味津々のご様子です。これをきっかけに『食』について考える
きっかけになってもらえればうれしいです。

そして、最後の薬研体験は特に楽しかったようです。
ちょうど30日は土用の丑の日だったので、山椒の実をひいたり紫蘇をひいてふりかけを
作ったりしてお持ち帰りです。
みんな上手にゴリゴリしてました。

2016819123754.jpg

参加されたみなさん楽しんでもらえたようで、よかった~。
ф(。。)俊

今年も味噌作りしました!4回目

今年は、子育て茶話会に来て下さっている、4名のお母さんたちが参加してくださいました。

 

2月25日、麹が3時に出来上がるということで、午後3時30分開始。

作業台が2台しかないので、2人ずつ30分おきに作ることにしました。

 

皆さんには、あらかじめ柔らかく炊いた大豆を鍋ごと持ってきてもらい、いよいよ開始!

 

1回目から参加のUさんの娘さんは、今回お母さんお手製の三角巾とエプロンで、やる気満々!

将来のお母さん候補、頼もしい限りです。

2016324111219.jpg

 

まず、熱々の大豆を手で十分につぶし、麹と塩を混ぜて味噌玉を作ります。

2016324111340.jpg

大豆が熱々です

201632411146.jpg

丁寧につぶします(しっかりお手伝いしてます)

2016324111534.jpg

麹・塩と混ぜます

201632411165.jpg

丸めて味噌団子を作ります

 

それを容器にたたきつけるようにして入れ、上に塩を振りいれ、落し蓋、重りを入れて蓋をして出来上がり.

2016324111633.jpg

その間30分余り。

 

さあ、これで10月の仕上がりが楽しみです。

 

 

また来年も2月にやる予定です。

安全な食は手作りから

こんにちは。
今日は午前中から味噌づくりです。

最近の食品には添加物がいろいろ入っているものがたくさんあります。
ですから、裏に書いてある成分表示などを参考にして、選んで買う必要があります。

ちょっとしたことですが、家族を病気から守る第一歩だと思います。
ですが、この成分表示も結構な曲者で、入っているのに表示の義務がないものなど多くあります。
そうなるとどうしたものか・・・

そこで、手作りですよ。

手作りなら、何が入っているかは作った自分がよく知ってます。変なものを入れたくなければ入れなければいいんです。

あっ、話がそれてますね・・・(・д・)

そうそう、昨日は、麹の準備をした後、大豆を買ってきて煮る作業がありました。

うちでは大豆を7時間くらい水で戻してから煮ました。

美味しい味噌を作る第一歩は、とにかく大豆を軟らかく煮ることだそうです。

今回は、大豆を2~3時間くらいアクを取りながら煮て、そのあと毛布でぐるぐる巻きにしてお昼前まで放置(9時間くらい)です。で、お店に持っていく前に一煮立ちさせて準備完了です。
豆は指でつまんで簡単につぶれるくらいになってました。

お味噌づくりをするのは2組のお客様と、うちの親と私たち夫婦の全部で4組でした。

お店での作業時間は1組30分もかかりません。大豆つぶしは楽しいですよ。

ですが、のんびりやってると大豆が冷えてしまうので、急いでつぶしていく必要があります。あまり冷えてしまうと、お味噌がうまくできないので、そんな時は熱い煮汁を少し足して温度をキープします。

しっかりつぶれたら、麹と混ぜてお団子を作ります。そして、空気が入らないように、お団子をカメの中にポンポンと投げ入れ、平らにならしていきます。最後にラップを上に敷いて重りを乗せて完成です。
後は待つだけ。

晩秋頃に様子を見ますので、その時までワクワクお楽しみです。
美味しいお味噌ができたらいいな~(^ω^)

お味噌づくりの写真を撮っているので、乗せておきますね。

 

201535225224.jpg

大豆美味しいのかな?

ちょっと味見。

 

 

 

 

 

 

 

201535225526.jpg20153522565.jpg

 

20153523827.jpg

ちゃんとお手伝いもできるもん。

・・・一生懸命お手伝いしていました。

 

一生懸命お手伝いできたから、美味しいお味噌になるといいね。

 

 

------------------------------
こういった体験を小さいころにできるというのは、とってもいいことだと思います。

『食』というものを知識として考えるのではなく、小さいころから体験として知るというのはとても大切です。

できればいろんな体験を提供できたらなぁ~と思います。
------------------------------

 

 

 

 

 

 

201535232045.jpg

201535232126.jpg

 

皆さんしっかりお味噌づくりをしています。(私が写真を撮っていたので、自分が作っている写真はなかった・・・)

 

201535232442.jpg平らにして重りを入れてあとは半年後かなぁ。

興味を持たれた方は、毎年2月~3月くらいでお味噌づくりをやってますので、声をかけてみてね。

ただ、昨日も書いたように、何時するかは全くわかりません(笑)

ではでは。

ф(。。)俊

手作り味噌準備

blogって何を書けばよいのやら…ということで、とりあえず記録できるイベントでもあれば、書いてみようかなっと。

明日、お店で味噌づくりのイベントをやります。

毎年数名で密かにやってます。(笑)

今日はその準備です。

本当は、麹ができたらすぐ味噌づくりに入るのがいいんだけど、なかなかそう都合よくいきません。

そこで、麹に塩を混ぜて冷蔵庫で明日まで保管します。

さあ、明日は手作り味噌づくりですよ~。
(^ω^)

 

麹をはかってます。20153514830.JPG

・・・『来年用のメモ』・・・

一人分の麹:1.6kg(2袋に分ける)

1袋にお塩240g

今回はこれでチャレンジ!!

 

 

 

 

20153515945.jpg

塩を入れてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

201535103035.jpg

麹が固まってるのでもみほぐします。

ほぐれて、お塩とよく混ざったら冷蔵庫に入れて明日までお休みしてもらいます。

さあ、明日うまくできるかな~。

(・ω・)

 

ф(。。)俊