ホーム>漢方薬

漢方薬

漢方について

約2000年の歴史を持つ漢方は、中国から日本に伝えられ、日本人に合うように改良されてきました。
漢方の考え方では対になる二つの要素”陰と陽”のバランスが崩れると、身体に様々な不調が表れると考えられています。

このページでは漢方の歴史と、”陰と陽”について、そしてからだを作る三要素「気・血・水」の三要素についてご説明します。

子宝

不妊症や安産には昔から漢方薬が力を発揮してきました。

西洋医学では不妊の原因を部分的・器質的に見ているのに対し、漢方の場合は全体的な捉え方で、遠因(原因とはいえないが、関係していると思われる)も含め様々なバランス(ホルモンなど)の調整を目指します。

痛み

「痛み」を専門的に治療するクリニックとして”ペインクリニック”という診療所があります。ペインクリニックでは神経ブロック注射による痛みの遮断などで痛みを緩和します。
そんなペインクリニックでも最近、漢方を処方されることが増えています。
漢方は約2000年に及ぶ経験の積み重ねを集大成した体系的な治療学。頭痛、肩こり、腰痛、関節痛など様々な症状に有効な漢方薬があります。